換金性の高い商品のまとめクレジットカードで購入しよう

換金性の高い商品を使ったクレジットカード現金化について

自分でクレジットカードを使い換金する方法

クレジットカードを使って現金化をするときは自分で行うか、業者に依頼をするかによって換金して入手できる金額が違ってきます。
換金してたくさんの現金を手に入れたいときはどんな商品を購入したほうがいいのでしょうか。
自分で現金化をするときの流れや換金してもらえる金額が高い商品、買い取ってもらう方法などをご紹介していきます。

▼ 目次

クレジットカードで換金するときの流れ

クレジットカードを使って自分で換金する場合は、インターネットから商品を探してカード決済で購入し、商品が自宅に届いてからお店やフリマアプリ、インターネットなどを使って商品を換金するという流れになります。
この方法であれば早ければ数日〜1週間程度で現金を手に入れられ、急に現金が必要になったときでも消費者金融からお金を借りなくても現金を用意できます。

換金してもらえる金額が高い商品とは?

換金してもらえる金額が高い商品は主にブランド品や金券、商品券や新幹線の切符などだと言われています。
しかし、これらだけでなく換金してもらえる金額が高いものには、家電製品やゲーム機なども入ります。
特にブランド品や家電製品、ゲーム機などはデザインが新しいものになればなるほど換金してもらえる金額が高くなるので、自分で現金化をするときはデザインがもっとも新しいものを選ぶようにするのがおすすめです。

換金してもらえる金額が高くなる商品の調べ方

こういった商品を換金してもらうときは、どこがもっとも高く買い取ってくれるかを調べましょう。
少しでも高いことろに換金してもらえば、そのぶん現金も増えるのでおすすめですよ。
金券や商品券の場合は金券ショップで買い取ってもらうことも可能で、店頭に行けば店員さんに聞かなくても金券がいくらで換金してもらえるのかが提示されています。
また、ブランド品やゲーム機に関してはお店のチラシ等で、ある程度の金額を提示してくれていたり、インターネットの販売価格などで調べたりすることも可能です。
こういった方法で換金してもらえる金額を調べてから、換金率の商品を購入するのも1つの方法になります。

商品券の種類によっても換金してもらえる金額が違う

クレジットカードの現金化で昔から行われているのが、金券や商品券をカード決済で購入し換金してもらうという方法です。
しかし、金券や商品券といってもたくさんの種類があり、種類によって換金してもらえる額が異なるので注意しましょう。
商品券を購入して換金してもらう場合は、出来るだけ換金してもらえる金額が高いものを購入するのがおすすめです。
換金率によっては80%程度、90%以上に設定されている商品券もありますよ。
人気が高くて利用する人が多い商品券は高く買い取ってもらえるので、商品を購入して現金化をするときは参考にしてみてください。

新幹線の切符を換金してもらう方法

新幹線の切符は換金してもらえる金額も高くて、現金化では人気の商品です。
新幹線の切符を買い取ってもらう場合は、インターネットのネットオークションで販売をするか、払い戻しをして現金を手に入れられます。
現金化がバレないようにするためには自分が住んでいる地域で使えるものを購入し、払い戻しをするとバレる危険性がなく、手数料が引かれた金額が現金で戻ってくるのでおすすめですよ。

ブランド品は新作を買うと高く買い取ってもらえる

ブランド品は新作が出る頻度が高いため、いろんなブランドを探っていけば新作を発見できると思います。
新作はデザインが新しいため、新品同様で販売すればかなりいい額で買い取ってもらえます。
買取をしてもらうところはインターネットのオークションや買取サイト、店頭に持っていき買い取ってもらうのがおすすめです。
こういったところであれば買取サイトと比較することも可能で、高値で買い取ってもらえる可能性も高くなります。

自分で換金するならフリマアプリもおすすめ

クレジットカードの現金化は思っていた額よりも換金してもらえないと感じている人が多いです。
そんなときは、手数料がかからないフリマアプリを利用して、換金をするのがおすすめですよ。
手数料がかからないフリマアプリであれば、売れたときに手数料が引かれず出品手数料もかかりません。
このフリマアプリで代表的なのはラクマやフリルで、100%の換金率となるので自分で現金化をする人は利用してみるのもいいと思います。

自分で換金するなら家電もおすすめ

換金してもらえる額が高いものはたくさんありますが、最近では手軽に購入できる家電が増えているのでこういった物を換金してもらうのもおすすめです。
家電がおすすめの理由は、換金目的で購入していることがバレにくいからです。
中には、家電オタクで新しい商品が出たときに家電を購入する人も多いため、現金化をしていることをバレにくく出来ます。
自分で現金化をするときはカード会社にバレやすくなるので、家電なども購入してバレないようにしましょう。

クレジットカードを使った現金化を自分で行う場合は、換金してもらえる額が高いものを購入したいと思ってしまうのですが、こういった商品ばかりを購入しているとカード会社にバレやすくなるので注意しましょう。
カード決済で現金化をするときは、家電やブランド品、商品券やゲーム機などの種類を購入してバレにくくするのがポイントになります。